人と企業を繋ぐ株式会社ユーザベースの採用広報を深掘り!

経済メディアや企業産業分析情報サービスを展開している株式会社ユーザベースさん。10年であっという間に成長を遂げた会社だからこそのヒミツが詰まっているのかも?企業を分析する会社の分析、お願いします!

というご要望に、採用代行をしている採用コンサルタントのコンケイスケ(@konkeisuke)がお応えします。

ここがすごいぞユーザベース!

1:自社メディアでも企業ホームページでも!社員インタビューがてんこ盛り

ユーザベースさんでは、自社メディアとして「UB Journal」が展開されています。

ここでは、「見えない常識から、自由になろう」をテーマに、社内インタビューやインターンのインタビューなど、さまざまな視点を持つ人材のタメになる話が掲載されています。

また、UB Journalで掲載されているインタビュー記事の一部はホームページの「社員の声」やWantedlyストーリーに同時掲載されており、自社メディアのみならずさまざまな場所で展開されていることがうかがえます。

経済情報メディア「NewsPicks」やスタートアップデータベース「entrepedia(アントレペディア)」などで多数の企業や起業家を見てきて感じたこと、また刺激を受けたことが存分に反映され、個々のスキルが磨かれていくようすが伝わる記事がたくさん。

こういった記事は求職者以外の目に触れることで、その企業がどんなことをしているのか、どんな取り組みを行っているのかを分かりやすく伝え興味を持ってもらえるきっかけにもなります。

2:企業と人、起業家とサポーター…人と人とを繋ぐことで得られる強み

NewsPicksから派生した「NewsPicksアカデミア」や「entrepedia(アントレペディア)」など、ベンチャー向けサービスやBtoCサービスも展開し始めたユーザベースさん。

人と人を繋ぎそれを緻密に分析、さらにはその情報を発信することで、他企業の姿や福利厚生の在り方など、自社に取り込めることをさまざまな場所から得ることができているようです。福利厚生や働き方などを見ても、他企業に比べても圧倒的に柔軟性が高く感じられます

新しいチャレンジにも挑んでいける体制が整っているということは、チャレンジ精神あふれる求職者が新たな刺激を求めてやってくる可能性が高いということ。求職者にとって、またすでに働いている社員に対して魅力的に映る職場作りにつながっているんですね。

3:社内の危機を乗り越えて作られた「7つのルール」

実はユーザベースさん、一時期は内部崩壊の危機にあったそう。それを乗り越えるべく「7つのルール」を提案。社内の人材の生き方や考え方を尊重しながらも、会社のために力になってくれるようルールとして共通の価値観を設けたのです。その結果内部崩壊を阻止し、そこからぐんぐん成長していきました。

ルール①自由主義で行こう
ルール②創造性がなければ意味がない
ルール③ユーザーの理想から始める
ルール④スピードで驚かす
ルール⑤迷ったら挑戦する道を選ぶ
ルール⑥渦中の友を助ける
ルール⑦異能は才能

7つのルールを読めば読むほど、「なるほど!」と納得できるユーザベースさんの魅力が詰まっています。また、リクルートページにはこのような記載も。

会社が働く人の価値観を変えることはできない。
会社にできるのは、
多様な考え方や才能を活かす環境をつくること。

会社が人を変えるのではなく、人を活かす会社になる。ユーザベースさんの格言、勉強になります!

まとめ

企業と企業、人と企業を繋ぐ情報を膨大に扱う会社だからこそ、人材を大切に扱うようすが至る所からうかがえます。挫折と挑戦を繰り返しながら新たなステージへと進んできたユーザベースさんの人事戦略、参考にしたいですね!

とは言えあんまりにも忙しすぎて魅力的な記事なんて…そもそも人事のやることが多すぎて手一杯…という方に、ベンチャー向けの採用人事の代行をやっております。求人の作成から管理、求職者の対応、採用広報も可能です。

採用人事代行サービスはこちらです

まるごと人事を外注することで、面接だけに注力できます。毎月ちょっとずつしかお受けできる企業を増やせないので、ご希望の際はお早めにご連絡下さい。お待ちしております!